38代ゴルフ部会&旅行部会 合同台湾旅行(2016-12-4〜6)
12月4日(日)〜6日(火)まで、ゴルフ部会と旅行部会のメンバー8名と小林さんの奥様&妹さんの佐藤さん、佐伯さんのお友達の木下さんの総勢11名で台北および近郊を旅してきましたのでご報告します。(旅行部会長 山本達也)

9時発の中華航空機(B737)で広島空港から台北に向けて出発。(写真0)

約2時間半のフライトの後、台北 桃園国際空港に無事到着。(写真1)

3日間お世話になった現地ガイドの陳さん。(写真2)

バスに乗って先ずは中華民国初代総統 蒋介石の顕彰施設 中正紀念堂へ。(写真3〜6)




衛兵さんの交代式を見学。
陸海空軍から選抜された若者が衛兵を務めているそうですが、1時間の間微動だに出来ないので大変な任務(^_^;)(写真7〜10)




蒋介石総統の大きな坐像をバックに記念撮影。(写真11)

大変立派で巨大な施設ですが、蒋介石総統が今でも国民から敬愛される存在であることがよく分かります。(写真12〜13)


総統専用車のキャデラック。(写真14〜15)


蒋介石総統の胸像。さすがに良い面構えです。(写真16)

蒋介石そっくりの蝋人形が座る総裁執務室も再現されています。(写真17)

中正紀念堂を後にして、台北最古の古刹 龍山寺へ。(写真18〜21)




陳さんから教わった作法に従って、各自3本の線香をもらってお参りしました。(写真22〜23)


陳さんにおみくじを翻訳してもらって、一喜一憂するメンバー達。(写真24)

バスの車窓から見る町並みには日本統治時代の古い建物も散見されます。(写真25)

お土産物屋さんで烏龍茶のミニセミナー。(写真26)

ショッピングの後は台北のランドマークのひとつ台北101へ。地上101階、地下5階、東アジア一の高さ509.2mを誇る超高層ビルです(熊谷組が建設)(写真27)

世界最高速エレベーター(分速1,010m、時速60.6km)としてギネスに認定された東芝製エレベーターに乗って89階(382.2m)の展望台へ。夜に来ればさぞかし夜景がきれいなことでしょう!!(写真28)

87〜92階の吹き抜けに設置された、暴風対策の巨大制振ダンパー(660t)の前で記念撮影。(写真29)

地上に降りたころには夕闇に包まれていました。(写真30)

ホテルにチェックインし、ホテル内のレストランで北京料理に舌鼓(*^_^*)(写真31〜33)



2日目はゴルフ組と観光組に分かれ、観光組の6名はマイクロバスに乗ってまず十分瀑布を見学。台湾版ナイアガラの滝と呼ばれる、幅40m落差20mの立派な滝です。(写真34〜35)


ローカル列車体験をするために十分駅へ。
1時間に1本の列車が到着する間の時間は、観光客が線路に入って写真を撮るは、天燈(願い事を書いたミニ熱気球)を上げるは・・・・、何でもありのVery Asiaな光景です(^_^;)(写真36〜37)


ディーゼル列車に乗って、九ふんの最寄駅の瑞芳駅を目指します。線路際に群がる観光客のギリギリをかすめて列車が進むという、日本では考えられない光景・・・・(^_^;)(写真38〜40)



瑞芳駅からまたマイクロバスに乗って九ふんに到着。
細い路地の階段に沿って建つ古い館の風景が、宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったとして日本でも有名な所です。(写真41〜43)



夜に来ると、まさにこんな「千と千尋の神隠し」な光景が見られるようです。(写真44)

九ふんのレストランで昼食。(写真45)

昼食後、階段の途中にある有名なお店でお茶タイム。(写真46〜48)



九ふんのメインストリートには狭い路地の両側に色々なお店がびっしりと並び、平日だというのに観光客で大混雑(^_^;)大声の中国語や韓国語が飛び交い、色んな臭いが漂い、エネルギッシュで怪しい雰囲気満開のVery Very Asiaな世界です(^_^;)
(写真49〜53)





日本統治時代に台湾最大だった映画館(今は閉館)も残っています。(写真54)

ゴルフ組と合流して、二日目の夕食は台湾料理(*^_^*)(写真55)

夕食後、マッサージに行く3人と別れて残りの8名は夜の台北名物夜市へ。夜市の入口横に建つ古刹 松山慈祐宮は、日本のお寺のイメージからはかけ離れた煌びやかなお寺です。(写真56〜60)





台北市街は近代的な街ですが、夜市は九ふんと同じくVery Very Asiaな世界。こういうエネルギッシュな怪しい光景は今の日本からは失われましたね〜(^_^;)日本と違って若者の姿が多いのも印象的。(写真61〜69)









夜市見学が終わってホテルにタクシーで帰ろうとすると、距離が近すぎるのが不満なのかなんと運ちゃんが皆乗車拒否(^_^;)しかたがないので、苦労の末台鉄の駅までたどり着いて何とかホテルにたどり着きました。知らない異国の土地で公共交通機関に乗るのはちょっとした冒険なので、良い思い出になりました(*^_^*)(写真70〜72)



3日目もゴルフ組と観光組に分かれ、観光組の7名は戦没者を祀る忠烈祠へ(写真73〜74)


ちょうど衛兵さんの交代式が行われていました。(写真75〜78)




陸軍の若者から選抜された衛兵さんは、微動だにどころか瞬き一つしません!!(写真79〜81)



最後に中国5,000年のお宝が所蔵されている故宮博物院へ。1時間半という短い時間でしたが、目玉展示の玉の白菜も見学できました(*^_^*)(写真82〜85)




楽しかった旅行もこれで終了。ゴルフ組と桃園空港で落ち合い、16時55分発の中華航空機(B747-400)で無事帰って来ました。(写真86〜87)


倉敷西LCトップページ |  倉敷西LC38代トップページ